殴られてマッチョ悦ぶ

日曜日は、ギルドclub_two_face との戦だった。何を隠そう、マイエンジェルが初めて「戦って楽しい!」と知ったのが、対club_two_face 戦だったのだ。そのためとても楽しみにしていた。club_two_face のラケルさんはマイエンジェルを殴る気満々で、かなり前にわざわざ木の棍棒DXを購入したという。素敵BISラケルさんに殴られるのも、ちょっぴり楽しみだった。

案の定、真正面からぶつかって乱戦となった。このような戦が一番楽しい。戦の前半は、ラケルさんともう一人の高LvBISさんを中心に、攻撃職の人達にもまんべんなくディスペルをお見舞いした。戦の前半は皆青POTやら心臓やらが豊富なので、ディスペルでCPをマイナスにしてもあまりイタくはないからだ。こちらのギルメンを攻撃をしている人のCPを削れば、その人はCP不足のため攻撃を中断せざるをえなくなり、ギルメンが逃げるなり反撃するなりできる・・・とマイエンジェルは思っている。
d0029725_19555528.jpg

もちろん、ラケルさんには念入りにディスペル・・・そしてボコられるマイエンジェル。攻撃を受けることにより、スキル発動がキャンセルされると悲しい。CPがガツっと減るからだ。殴りかかるラケルさん、逃げるマイエンジェル。しかしラケルさんは多忙。マイエンジェルごとき雑魚をいつまでも相手にしてるわけにはいかず、祈り&回復に戻る。するとマイエンジェルはまたラケルさんにちょっかいを出す・・・。楽しくてたまらなかった。
d0029725_19574520.jpg

が、想定外の事態が。もう一人の高LvBISさんまでもがマイエンジェルを殴り始めたのだ。しかも狂気攻撃。おそらく殴打(スキルLv1)なのでディスペルでCPを減らしても攻撃を妨げることはできないだろうし、ましてはホルパなどできようはずがない・・・Lvが違いすぎる。ジャッジやホリサクで暗闇状態にしつつ逃げるしかなかった。マイエンジェルは殴られ慣れている(打たれ強いわけではなく、単に袋叩きにされる頻度が高いだけ)のだが、BISさんに殴られると本当に恐ろしい。その反面、不思議と誇らしくもあるのだ。BISさんが殴ってくれた!という悦びが湧き上がる。不思議だ。
↓のSSでラケルさんを攻撃しているのがギルマス。屏風のようだ。マイエンジェルの輪投げ姿はギルメンに遮られて見えない。
d0029725_19565459.jpg


今回、マイエンジェルは死ななかった。というのも、club_two_face の方々はマイエンジェルのディスペルを受けると、ぱっと身をかわして人ごみにまぎれて逃れてしまうからだ。今までの戦では、袋叩きにされて木っ端になっていたマイエンジェル。club_two_face の戦法だと、マイエンジェルが死なない代わりに、club_two_face の方々も痛手を被らない・・・このような戦い方もあるのだなぁと感心してしまった。

いつかラケルさんのCPをマイナス2000にしてみたい・・・闘志を燃やすマイエンジェルなのでした。(今日のワンコ風)

戦の最後で、押すキーを間違えてギルメンをコールしてしまった・・・。ごめんなさい。(そのときは、「え?なんで皆こっちに集まったの?」と不思議に思ったのだが。自然と集まるワケがない。)

お疲れ、私。お疲れ、私のマッチョエンジェル。
[PR]
by plymouth_gin | 2005-09-13 20:07
<< ケジメ 木っ端微塵 >>